PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

フェルマーの最終定理 - ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで

フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで

ピタゴラスの定理
直角三角形について、斜辺をZ、他の2辺をX,Yとすると、
2+Y2=Z2
が常に成り立つ。

これは中学数学。
なので義務教育を終えた人なら皆、
一度は目にしている定理です。

フェルマーの最終定理は、これを少しいじった方程式についての定理で、

n+Yn=Zn
この方程式はnが2より大きい場合には整数解をもたない

というもの。

この本は、数学の起源から始まって、この定理が証明されるまでを
ガッツリまとめた一冊になっています。

なのに、数式は殆ど登場しません。
せいぜい上に書いた程度の内容だけ。

何故かと言えば、この本は人間ドラマの本だから。

フェルマーが 「メンドクセ」 っとか言ってハショった証明を、
数学者たちが必死で解き明かす 350年間の歴史。
そして証明を完成したワイルズのドラマみたいなオハナシ。

終盤、証明に多大な貢献をする理論や定理に
日本人の名前がポコポコ登場してくる のも
非常にワクワクさせられました。
勿論、彼らの人生なんかもキッチリ語られています。

この本は本当に面白いです。
中学生、みんな読め!

ちなみにこの本、川崎市立図書館で借りました。
月曜日が返却期限なので、夜更かししてがんばりました。
図書館てほんと便利。
スポンサーサイト

| Books | 02:38 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sonorous.blog5.fc2.com/tb.php/127-3c39b1ea

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。